Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
8 / 302 ツリー    ←次へ | 前へ→

座標フアイル 質門no2 石井 榮光 22/9/8(木) 17:47
Re:座標フアイル 質門no2 ぷーこ 22/9/9(金) 15:59
Re:座標フアイル 質門no2 卯之介 22/9/10(土) 18:27

座標フアイル 質門no2
 石井 榮光 E-MAIL  - 22/9/8(木) 17:47 -
用紙枠(A4)縮尺1/1000この条件で、下記公共座標を試行錯誤の上プロットした結果が、デスクトップ上に直径1mmの中に3点、勿論拡大しなければ全く分かりません。
          記
PT X-143034.76 Y-41913.53「用紙枠左下展開」苫小牧市道路基準点
PT X-143028.01 Y-41901.67「  〃  」   〃
PT X-142765.49 Y-41927.65「用紙枠右下展開」   〃
此の3点を基に自己所有地の用地図を作成し境界確定したいのですが、尚図面上プロット2点間距離は1/1000図面上で実寸であることが条件です。宜しくお願いします。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:104.0) Gecko/20100101 Firefox/104.0@KD106172001144.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:座標フアイル 質門no2
 ぷーこ  - 22/9/9(金) 15:59 -
 縮尺が1/1000でも、ちゃんと見えるけど?
因みに面積は1644.422uかな?

縮尺などは後でいくらにでもなるので、最S=1/6000位で原点を決めるのが良いのでは?
 
それとmで座標ファイルを読み込んでますよね?
また、閉鎖図形になるように、最初のポイントは最後にも記入したほうが良いと思うよ。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/105.0.0.0 Safari/537.36 Edg/105.0.1343.27@fp276e8853.tkyc619.ap.nuro.jp>
・ツリー全体表示

Re:座標フアイル 質門no2
 卯之介  - 22/9/10(土) 18:27 -
まず、図面の縮尺は1/1000にされている事と思いますが再度ご確認ください。

次に座標を列記したファイルについて、

>PT X-143034.76 Y-41913.53「用紙枠左下展開」苫小牧市道路基準点
>PT X-143028.01 Y-41901.67「  〃  」   〃
>PT X-142765.49 Y-41927.65「用紙枠右下展開」   〃

空白部分はすべて半角スペースにしてください。
また「X」「Y」の文字も不要です。数字のみにしてください。

これを [その他]→座標ファイル のコマンドで読み込む時に、
左から4番目のボタン「mm単位読書」をクリックし「m単位読書」に変えておいてください。
それから3番目のボタン「YX座標読込」のほうを押してください。公共座標を読み込む場合はそうしないと正しい図柄になりません。

右端の「基準位置座標」の空枠の右の▼をクリックし、(無指定)の下にある座標っぽいものを選択してください。

これでだいたい良い感じにプロットできると思います。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:104.0) Gecko/20100101 Firefox/104.0@124-47-123-66.cidr4.kct.ad.jp>
・ツリー全体表示

8 / 302 ツリー    ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 991411
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka