Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
63 / 1487     ←次へ | 前へ→

Re:クロックメニューで複線した場合の動作について
 野口  - 23/1/18(水) 17:57 -
▼百日紅さん:
>通常メニューから複線を選んで複線を作図した場合、
>前複線と結合をするとマウスポインターを囲むように結合になります。
>しかしクロックメニューで複線を作図して前複線と結合をすると
>マウスポインターの外側の線と結合することがあります。
>(うまく伝わるかわかりませんが・・)
>原因がわかりません。どなたか分かりますか。

原因は分かりませんが、おかしな現象が出る場合があることは確認できました。
こちらのWindows10のPC(Jw_cadver8.25a)では以下の手順で再現します。

1.「□」コマンドで長方形を作図する
2.長方形の下辺の中央あたりを右ドラッグAM11時「複線」
3.「複線間隔」を適宜、調整し、下辺の下側でクリック
 ⇒下辺の複線が作図される
4.長方形右辺の中央あたりを右クリック(前回値)
5.右辺の右側で右クリック(前複線と連結)
 ⇒3で作図された下辺複線が短くなって右辺の複線と連結される
              ^^^^^^^^^^
以上です。
PC環境によるものなのか分からないので、他の環境でも確認いただけると有難いです。


引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/109.0.0.0 Safari/537.36@p96f6b7dc.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

クロックメニューで複線した場合の動作について 百日紅 23/1/18(水) 14:58
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について hogehoge 23/1/18(水) 15:50
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について 百日紅 23/1/18(水) 16:58
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について hogehoge 23/1/18(水) 19:39
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について 野口 23/1/18(水) 17:57
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Lion 23/1/18(水) 18:53
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について ban 23/1/19(木) 11:45
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について 杉蔵 23/1/22(日) 9:49
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について R.N 23/1/18(水) 21:50
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について 百日紅 23/1/19(木) 9:38
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Keiichi 23/1/19(木) 9:56
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について 百日紅 23/1/19(木) 10:10
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Keiichi 23/1/19(木) 10:57
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Since Dos 23/1/19(木) 11:56
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Keiichi 23/1/19(木) 12:34
Re:クロックメニューで複線した場合の動作について Fu〜 23/1/25(水) 12:23
Re:現象の出るパターンが分かりました Keiichi 23/1/25(水) 16:44
Re:現象の出るパターンが分かりました 百日紅 23/2/1(水) 9:19
[投稿者削除]
[投稿者削除]
[投稿者削除]
[投稿者削除]

63 / 1487     ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 1021280
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka