Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
23 / 1498     ←次へ | 前へ→

お疲れ様です。
  E-MAIL  - 22/12/8(木) 13:10 -
▼sugiさん:
>一応、修正版ができました。
>どうすれば使いやすいのか考えてるうちに分からなくなってきたので、とりあえず試してみて下さい。
>レイヤ情報を引き継ごうとするとjwlファイルの書き出し、読み込みが必要になってくるのでちょっと厄介そうです。ひとまず保留。
>グループレイヤを移動した場合は0レイヤになるように固定してみました。
 

ありがとうございます。
無題ファイルは 0レイヤに移動します。
2つの有題ファイルはレイヤがFになります。
1つの有題ファイルは0レイヤに移動します。
2つの有題ファイルはプロテクトグループが存在します。
(プロテクトレイヤは設定しても良いみたいです)


>プロテクトレイヤや非表示の情報は継承されません。

とありますので関係があるのですね。

こんな事言うと気分を害されるかも知れないですが
もし、最終的に使用上の制約が存在するならば
JWLのみを読み込む、外部変形は作ることは可能なのでしょうか?

本外部変形起動後、JWLを再度読み込むと言う事です。
標準の機能で、読み込む事ができますが、
読み込み、JWLに変更し、指定JWLを選択するのが少し悩みです。


もし不可能であれば、プロテクトグループの使用を中止し
レイヤ0移動ではなく レイヤ2の移動の方法で


puts "ly2 11" if j==16

こちらを 0から2に変えました。
こちらで合ってるのであれば教えて貰えると嬉しいす。

個人的には、本外部変形起動後、再度JWL外部変形実行の連続は
手間にはならないです。
前回の質問で、JWF同様JWLを全て読むことは不可能なのかもしれないですが。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/107.0.0.0 Safari/537.36@58-70-193-17f1.shg1.eonet.ne.jp>
・ツリー全体表示

レイヤ名の文字数 22/12/1(木) 13:37
[投稿者削除]
Re:レイヤ名の文字数 hogehoge 22/12/1(木) 16:45
Re:レイヤ名の文字数 hogehoge 22/12/2(金) 12:39
すみません。 22/12/3(土) 19:29
Re:すみません。 hogehoge 22/12/4(日) 9:06
Re:すみません。 22/12/4(日) 10:28
Re:すみません。 somem 22/12/4(日) 12:27
Re:ありがとうございます 22/12/4(日) 15:47
Re:ありがとうございます somem 22/12/4(日) 17:03
ありがとうございます 22/12/5(月) 7:34
Re:ありがとうございます sugi 22/12/6(火) 8:45
ありがとうございます 22/12/6(火) 12:17
お尋ねします。 22/12/7(水) 7:53
Re:お尋ねします。 sugi 22/12/7(水) 9:20
修正版 sugi 22/12/8(木) 9:46
[投稿者削除]
Re:修正版 sugi 22/12/8(木) 11:30
お疲れ様です。 22/12/8(木) 13:10
Re:お疲れ様です。 sugi 22/12/9(金) 10:30 [NEW]
お疲れ様です。 22/12/9(金) 16:12 [NEW]
Re:お疲れ様です。 sugi 22/12/9(金) 16:58 [NEW]
お疲れ様です。 22/12/10(土) 8:46 [NEW]
Re:すみません。 hogehoge 22/12/5(月) 14:23

23 / 1498     ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 1008524
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka