Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
20 / 384 ツリー    ←次へ | 前へ→

他社からもらったJWW 金属施工図屋 18/4/22(日) 8:22
Re:他社からもらったJWW LA 18/4/23(月) 6:02

他社からもらったJWW
 金属施工図屋  - 18/4/22(日) 8:22 -
みなさま お世話になります

現場から頂いた JWWデータがあります
このデータを 当方の環境設定で扱いたいのです
(文字の大きさが違うため)

1.現場から頂いたデータ
2.当方の環境設定ファイルを読み込み データ加工する
3.保存する

4.読み込む
5.現場の環境設定ファイルになる
6.当方の環境設定ファイルを読み込む


寸法設定、文字設定が違うため
毎度 環境設定ファイルを読み込んでいます

現状は 文字寸法を入力するときに 気が付いて
環境設定ファイルを再読み込みしています

環境設定ファイルを直せば 文字寸法の設定が
こちらの設定になるように できるのでしょうか?

よろしくお願いします


※jw_win.jwfは設定しています
jww 8.03a

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.110 Safari/537.36 Ed...@g54-91.user.cosmostv.jp>
・ツリー全体表示

Re:他社からもらったJWW
 LA  - 18/4/23(月) 6:02 -
▼金属施工図屋さん:
こんにちは


>2.当方の環境設定ファイルを読み込み データ加工する
>3.保存する
>4.読み込む
>5.現場の環境設定ファイルになる


Sample.jwfからの抜粋です

#「S_COMM_8」
#3.寸法設定のファイルへの保存、読込(初期値:11)
#十の位( 0:無保存 1:保存 )、一の位(0:無読込 1:読込)
#(環境設定ファイルでのみ指定可)

環境設定ファイルのS_COM_8の3番目が1の時の動作だと思います
その場合、11に変更してみて下さい


あと、JWWでは、寸法文字の大きさを直接指定する事はできず、文字種類での指定となります
文字種類自体の設定は、寸法設定とは独立しており、先のS_COMM8の3番目の設定の影響も受けません
文字種類の設定は、MHEN〜MPENですが、MWIDE〜MPENだけを記述しても、MHENが無いと、有効になりません(というより、MHENが主で、MWIDE〜MPENはMHENのオプション的扱いです)

MHENは、文字サイズが変わる場合に既存の文字をどう扱うかの設定で、

#・[ -1 ]を記述した場合、既存文字で使用されている文字サイズは変更されない。
#・[ 0 ]を記述した場合、文字サイズが変更された既存文字は任意サイズになる。
#・[1〜9]を記述した場合、サイズ変更基準点を1〜9として文字サイズが変更される。

の様に、例えば、環境設定ファイルを再度読み込んだ前後で、
-1ですと、結果として寸法文字の大きさの設定が変わらない可能性がありますし、
1〜9ですと、既存の思わぬ文字の大きさが変わってしまう可能性があります

環境設定ファイルの再読込で対応できている様なので、今回の件には該当しないとは思いますが、このあたりも、要注意です

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Sleipni...@ntngno104073.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

20 / 384 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 504373
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka