Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
7 / 313 ツリー    ←次へ | 前へ→

データのあるレイヤーのみの表示 りんごの芯 21/9/1(水) 9:47

Re:無意味な機能? りんごの芯 21/9/1(水) 19:35
Re:無意味な機能? kojima 21/9/1(水) 22:14
Re:無意味な機能? りんごの芯 21/9/3(金) 17:27
レイヤ整理ファイル 作成例 kojima 21/9/2(木) 15:30
Re:無意味な機能? john 21/9/2(木) 15:39

Re:無意味な機能?
 りんごの芯 E-MAIL  - 21/9/1(水) 19:35 -
▼kojimaさん:
>▼りんごの芯さん:
>>レイヤー表の表示で
>>データを入れていない空のレイヤーを
>>一括でオフにしたいのですが、
>>そんな方法はありませんか?
>>
>>「それは無理」ならそれでもいいです。
>>どなたか教えてくれませんか。
>
>ありません。
>
>データが無ければ表示もされないわけで、
>オフにする必要はないのでは?
>
>空のレイヤーを一括でオフにできるメリットは?
>教えていただきたいです。


使っていないレイヤーでも
表には番号が表示されていますよね。
データのあるレイヤーは、線のマークが点いて
判別できるようになっているのも理解しています。

ただ、
「あれとこれと、ここもあそこも、移動しよ」
ってなった時に、
見落として漏らすんです、集中力が足りなくて。
見落としと、見間違いと。

で、使っていないレイヤーだけでも
番号をOFFにしてやってみたりするんですが
個別でOFFにしていると
時間がかかって仕方ない。

で、
ちょっとみなさんに聞いてみました。
ありがとうございました。
あきらめます。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.159 Safari/537.36 Edg/92.0.902.84@i114-187-248-3.s41.a037.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示

Re:無意味な機能?
 kojima  - 21/9/1(水) 22:14 -
>使っていないレイヤーでも
>表には番号が表示されていますよね。
>データのあるレイヤーは、線のマークが点いて
>判別できるようになっているのも理解しています。
>
>ただ、
>「あれとこれと、ここもあそこも、移動しよ」
>ってなった時に、
>見落として漏らすんです、集中力が足りなくて。
>見落としと、見間違いと。

あとで、まとめて指定したレイヤに移動させる方法として
レイヤ整理ファイル(JWL)という機能があります。

「設定」→「環境設定ファイル」→「編集・作成」
ファイル選択画面のファイル名「sample.jwl」と入力する。

sample.jwlが開きます。
説明文があります。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.159 Safari/537.36 Edg/92.0.902.84@ai126170111202.41.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

レイヤ整理ファイル 作成例
 kojima  - 21/9/2(木) 15:30 -
◎前提条件(例)

レイヤ0の名前を「躯体基準線」とする。
躯体基準線は、線色1 線種5で描かれていること。

レイヤ1の名前を「躯 体」とする。
躯体は、線色2で描かれていること。

レイヤ2の名前を「機器基準線」とする。
機器基準線は、線色1 線種6で描かれていること。

レイヤ3の名前を「機 器」とする。
機器は、線色3で描かれていること。

レイヤ4の名前を「配管基準線」とする。
配管基準線は、線色8 線種6で描かれていること。

レイヤ5の名前を「配 管」とする。
配管は、線色6で描かれていること。

レイヤ6の名前を「文 字」とする。
文字種は問わず、寸法属性でないこと。

レイヤ7の名前を「寸 法」とする。
寸法属性であること。

レイヤ8の名前を「ソリッド図形」とする。
ソリッド図形であること。

レイヤ9の名前を「ブロック図形」とする。
ブロック図形であること。


◎レイヤ整理ファイル(.jwl)の作成
↓メモ帳(notepad)に以下の記載をする。


LAY_0_N =躯体基準線
LAY_0 = 1 5 0 0 0
LAY_1_N = 躯 体
LAY_1 = 2 0 0 0 0
LAY_2_N = 機器基準線
LAY_2 = 1 6 0 0 0
LAY_3_N = 機 器
LAY_3 = 3 0 0 0 0
LAY_4_N = 配管基準線
LAY_4 = 8 6 0 0 0
LAY_5_N = 配 管
LAY_5 = 6 0 0 0 0
LAY_6_N = 文 字
LAY_6_F = 0 0 0 1 0
LAY_7_N = 寸 法
LAY_7 = 0 0 0 0 3
LAY_8_N = ソリッド図形
LAY_8 = 0 0 0 0 7
LAY_9_N = ブロック図形
LAY_9 = 0 0 0 0 8


C:\jwwフォルダに適当な名前で保存する。(sample2.jwl)

◎レイヤ整理ファイル(.jwl)の読み込み
 JWW図面上で
 「設定」→「環境設定ファイル」→「読み込み」
 ファイル選択画面で、ファイルの種類をJWL(*.JWL)にする。
 sample2.jwlを選択して開く。

 ※各レイヤの名称がsample2.jwlに記載された名称に変更される。

 ※散らばっているデータがsample2.jwlに記載されたレイヤに移動する。
線色1 線種5のデータは、レイヤ0に移動。
線色2のデータは、レイヤ1に移動。
線色1 線種6のデータは、レイヤ2に移動。
線色3のデータは、レイヤ3に移動。
線色8 線種6のデータは、レイヤ4に移動。
線色6のデータは、レイヤ5に移動。
寸法属性以外の文字は、レイヤ6に移動。
寸法属性は、レイヤ7に移動。
ソリッド図形は、レイヤ8に移動。
ブロック図形は、レイヤ9に移動。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko@ai126170232016.41.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:無意味な機能?
 john  - 21/9/2(木) 15:39 -
▼りんごの芯さん:
レイヤバーの、書き込みレイヤを右クリックで、レイヤごと要素の一覧が出て、その画面で右クリックすると書き込みレイヤの移動も出来ますので一助になるかもしれませんが、ご存知でしたらスルーして下さい。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Linux; Android 11; SOV40) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.166 Mobile Safari/537.36@KD106129115129.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:無意味な機能?
 りんごの芯 E-MAIL  - 21/9/3(金) 17:27 -
▼kojimaさん:

>あとで、まとめて指定したレイヤに移動させる方法として
>レイヤ整理ファイル(JWL)という機能があります。
>
>「設定」→「環境設定ファイル」→「編集・作成」
>ファイル選択画面のファイル名「sample.jwl」と入力する。
>
>sample.jwlが開きます。
>説明文があります。

見てみました。
読みました。
・・・
理解に時間がかかりそうなので
〆切から解放されてから
じっくりやってみます。
ありがとうございました。
返信が遅くなり失礼しました。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.159 Safari/537.36 Edg/92.0.902.84@i114-187-248-3.s41.a037.ap.plala.or.jp>
・ツリー全体表示

7 / 313 ツリー    ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 891055
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka