Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
28 / 1491     ←次へ | 前へ→

Re:線記号変形の基点変更
  E-MAIL  - 22/12/2(金) 21:01 -
▼R.Nさん:
>▼山さん:
>
>記変の内容について
>
>↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>#枠文字(写真) ------------------------- ファイルの名称
>1 --------------------------------------- シンボル数
>999 ------------------------------------ 区切り記号
>
>0 写真1
># ↑
>#指示線数・シンボル名(サムネイル表題)
>
>15000
># ↑
>#他のコマンドを自動選択する機能(引用)
># 制御コード[1]に次の数値を記述すると、そのコマンドに一時的に移行する。
>#ただし、そのコマンドに移行した時点で記号変形による作図は確定するので、
># 【Esc]キーによるキャンセルは行えない。
># 文字関係の左ボタンドラッグ操作を指定する制御コードの「15000」は、
># 文字データの作図指定以前に記述する。
>
>01 01 -5 -7 -5 -3 2 1 A
># ↑
># 枠線(縦左)(マル1) ⇒ 制御コード[1] [2] 座標(x1 y1 x2 y2) 線色 線種 レイヤ
>
>01 01 -5 -3 5 -3 2 1 A
># ↑
># 〃 (横上)(マル2) ⇒         同 上
>
>01 01 5 -7 5 -3 2 1 A
># ↑
># 〃 (縦右)(マル3) ⇒         同 上
>
>01 01 -5 -7 5 -7 2 1 A
># ↑
># 〃 (横下)(マル4) ⇒         同 上
>
>01 01 0 -5 1.250 -5 10000 403 A "写真1
># ↑
># 文字 ⇒ 制御コード[1] [2] 座標(x y) 文字方向 縦横書 文字基点 文字種 レイヤ 出力文字
>
>10000 2
># ↑
># 次に選択する記号の番号(制御コード[2])
># (この記述の場合、データが一つしかないので、繰返しに---)
>
>999 ----------------------------------- データ区切り記号
>↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
>
>※ 詳細については、参考書等---参照してください。
>
><参考図形>
>https://imgur.com/MvWRnwH
>
>ということで、
>枠線・文字の座標値を修正する必要があると思います。(基本的に)
>挑戦してみてください。

ありがとうございます。
勉強になります。
便利な機能が満載なソフトにびっくりです。
ありがとうございます。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/107.0.0.0 Safari/537.36@58-70-193-17f1.shg1.eonet.ne.jp>
・ツリー全体表示

線記号変形の基点変更 22/12/2(金) 10:52
[投稿者削除]
Re:線記号変形の基点変更 22/12/2(金) 21:01
Re:訂正 R.N 22/12/2(金) 22:31
質疑 22/12/3(土) 7:53
Re:質疑 R.N 22/12/3(土) 11:10
Re:質疑 22/12/3(土) 11:45
Re:質疑 somem 22/12/3(土) 13:21
Re:質疑 22/12/4(日) 10:12
Re:質疑 somem 22/12/4(日) 11:06
ありがとうございます 22/12/5(月) 7:37

28 / 1491     ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 1008163
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka