Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
56 / 1495     ←次へ | 前へ→

Re:pathの設定が必要
 加藤  - 21/11/12(金) 20:46 -
▼kojimaさん:
>batファイルの
>ruby -x %~f0
>を
>c:\ruby\bin\ruby -x %~f0
>に変更してから実行してみてください。
>
>「rubyは内部コマンド操作可能なプログラム又はバッチファイルとして認識されません」というメッセージがでれば、
>c:\rubyにインストールされていません。
>
>通常のエラーだと、以前のPCにインストールされていたのは、
>Ruby2.1〜Ruby2.4の可能性があります。
>Ruby2.7で仕様変更がされているので最新バージョンのRubyでは正常動作しません。

何度も本当にありがとうございます。

御指示いただいたようにbatファイルをメモ帳で開いて1行目を編集して別名で保存しました。
それを実行したら

ファイル名のあとに・ス・ス・ス・ス・・・のような感じのよくわからないエラーが出ました。

このbatファイルは同じフォルダー内にあるjwwのファイルの中身を線色や文字色を変えてくれるものでした。

ですのでファイル名が出たことは前進したのかなと思います。

そしてその下には


nil can't be coerced info Fixnym

と出ました。

編集する前のbatファイルをクリックしたときは
「rubyは内部コマンド又は外部コマンド、操作可能なプログラム又はバッチファイルとして認識されません」

と出ていました。

このbatファイル自体がだめなのでしょうか?

分かりましたら宜しくお願いします。


引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/95.0.4638.69 Safari/537.36 Edg/95.0.1020.44@M014011067097.v4.enabler.ne.jp>
・ツリー全体表示

複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 加藤 21/11/10(水) 10:01
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 kojima 21/11/10(水) 12:12
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 加藤 21/11/10(水) 21:33
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 加藤 21/11/10(水) 21:58
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 Keiichi 21/11/11(木) 7:35
[投稿者削除]
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 Keiichi 21/11/11(木) 13:03
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 加藤 21/11/11(木) 18:22
Re:複数のファイルの図面の線種など一括変更の仕方 Keiichi 21/11/11(木) 18:52
pathの設定が必要 kojima 21/11/11(木) 20:10
Re:pathの設定が必要 加藤 21/11/11(木) 23:07
Re:pathの設定が必要 kojima 21/11/12(金) 12:51
Re:pathの設定が必要 加藤 21/11/12(金) 20:46
Re:pathの設定が必要 kojima 21/11/12(金) 23:47
続き kojima 21/11/12(金) 23:48
Re:pathの設定が必要 加藤 21/11/13(土) 22:58
行頭の半角スペースと文字コード kojima 21/11/14(日) 13:49
Re:行頭の半角スペースと文字コード 加藤 21/11/14(日) 21:12

56 / 1495     ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 911290
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka