Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
338 / 1496     ←次へ | 前へ→

Re:参考までに
 加藤  - 18/6/11(月) 10:02 -
▼Since Dosさん:
ありがとうございました。
ちょっと環境ファイルを出し入れするのは私にはハードルが高い様な気がしますが、チャレンジしてみます。

また宜しくお願いします。


>▼加藤さん:
>
>細線で印刷するだけであれば、建築図をグレー(表示のみ)にして、下記のJWFファイルを
>読み込んでやれば、
>元データー(建築図)がどんな色であろうと(寸法図形もブロック図形も)すべて細線で
>
>印刷できます。(線の幅は自由に指定可能)
>モノクロでもカラー印刷でもどちらでも細線で印刷できます。
>
>私の場合は、受領した建築図は、レイヤーを整理して、全て「0グループ」にまとめ、
>線色は白に変更し、グレー表示にして、電気図面を作図しています。
>ちなみに電気図は「Aグループ」に作図してます。(単にわかりやすいから)
>建築図はなるべく少ないグループにまとめておくと、「表示のみ」と「編集」の切り
>
>替えが、わかりやすくて楽です。
>不要なレイヤーは、削除するか、非表示にしてプロテクトおくとよいです。
>
>
>〔参考〕
>
># 【 グレー線 細線印刷.jwf 】 Jw_cad for Windows
>#
>A-Read
>#
># (R) (G) (B) (W)
>LCOLLOR_G = 75 75 75 1
># (R) (G) (B) (W) (PR)
>PCOLLOR_G = 128 128 128 1
>#
>END
>
>
>この設定ファイルを読み込んでやれば、そのほかの設定は変更することなく、グレー線の
>
>印刷線幅のみが細線に変更できます。
>元に戻すときは、もう一度「Jw_win.Jwf」を読み込んでやればOKです。


引用なし

パスワード


<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; .NET4.0E; .NET4.0C; .NET CLR 3.5.30729; .NET CL...@ntaich131018.aich.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>
・ツリー全体表示

同じ作業を楽にしたい 加藤 18/5/18(金) 17:17
Re:同じ作業を楽にしたい P 18/5/18(金) 18:03
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/5/21(月) 14:22
Re:同じ作業を楽にしたい ikki 18/5/18(金) 18:13
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/5/21(月) 14:25
Re:同じ作業を楽にしたい イッチ― 18/6/8(金) 17:47
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/11(月) 10:00
Re:参考までに Since Dos 18/6/10(日) 0:55
Re:参考までに 加藤 18/6/11(月) 10:02
Re:同じ作業を楽にしたい R.N 18/6/14(木) 16:11
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/14(木) 20:37
[投稿者削除]
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/17(日) 22:37
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/18(月) 16:19
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/18(月) 16:24
Re:同じ作業を楽にしたい 加藤 18/6/19(火) 9:43
外部変形にて kojima 18/7/16(月) 14:00
Re:外部変形にて 加藤 18/7/18(水) 15:36
Re:外部変形にて kojima 18/7/18(水) 18:58
Re:外部変形にて 加藤 18/7/19(木) 8:55

338 / 1496     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 550206
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka