Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
19 / 315 ツリー    ←次へ | 前へ→

カラー線の濃さ及び濃度-2 小ー池 21/12/10(金) 20:12
Re:カラー線の濃さ及び濃度-2 やま 21/12/13(月) 9:45
Re:カラー線の濃さ及び濃度-2 小ー池 21/12/14(火) 19:00

カラー線の濃さ及び濃度-2
 小ー池  - 21/12/10(金) 20:12 -
急に書き込みが出来なくなった為、続きをこちらに書き込ませていただきます。
この様な状態の線の濃さをJWCADの方で、指示及び操作する方法があるのでしようか。やり方を教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; rv:95.0) Gecko/20100101 Firefox/95.0@210-1-146-225.catv.tees.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:カラー線の濃さ及び濃度-2
 やま  - 21/12/13(月) 9:45 -
▼小ー池さん:
>急に書き込みが出来なくなった為、続きをこちらに書き込ませていただきます。
>この様な状態の線の濃さをJWCADの方で、指示及び操作する方法があるのでしようか。やり方を教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

上部メニューの設定→基本設定で「色・画面」のタグの右側の
「プリンター出力要素」で調整します。
線色1〜8のボタンをクリックするとカラーダイアログがでるので
選択調整します。ただし、当然ながらプリンターによって色あいが変わる
ので、実際に印刷しながら調整するしかないでしょう。

設定が終わったら、環境設定ファイルで保存しておけばプリンターに
よって使い分けることができます。

それよりも、PDF出力してそれを印刷するのも
また違った結果がでるかも知れませんし、簡単かもです。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:95.0) Gecko/20100101 Firefox/95.0@wmx2-pvt-237-172-224-119.kualnet.jp>
・ツリー全体表示

Re:カラー線の濃さ及び濃度-2
 小ー池  - 21/12/14(火) 19:00 -
▼やまさん:
>▼小ー池さん:
>>急に書き込みが出来なくなった為、続きをこちらに書き込ませていただきます。
>>この様な状態の線の濃さをJWCADの方で、指示及び操作する方法があるのでしようか。やり方を教えていただきたいのですがよろしくお願いします。
>
>上部メニューの設定→基本設定で「色・画面」のタグの右側の
>「プリンター出力要素」で調整します。
>線色1〜8のボタンをクリックするとがでるのカラーダイアログで
>選択調整します。ただし、当然ながらプリンターによって色あいが変わる
>ので、実際に印刷しながら調整するしかないでしょう。
>
>設定が終わったら、環境設定ファイルで保存しておけばプリンターに
>よって使い分けることができます。
>
>それよりも、PDF出力してそれを印刷するのも
>また違った結果がでるかも知れませんし、簡単かもです。

細かくご指導有り難うございます。
>線色1〜8のボタンをクリックするとがでるのカラーダイアログで
>選択調整します
色の調整は出来ますが、濃さは旨く出来ません。
それにしても、色々有り難うございました。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:95.0) Gecko/20100101 Firefox/95.0/JqMHPtvM-35@unn-138-199-22-231.datapacket.com>
・ツリー全体表示

19 / 315 ツリー    ←次へ | 前へ→
新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム
 923306
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5
Jw_cad Copyright (C)1997-2021 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka