Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
45 / 356 ツリー    ←次へ | 前へ→

縮尺について おさむパパ 18/5/24(木) 7:29

Re:縮尺について 外注図面屋 18/5/24(木) 12:53
Re:縮尺について おさむパパ 18/5/25(金) 7:33
Re:縮尺について 外注図面屋 18/5/25(金) 7:54

Re:縮尺について
 外注図面屋  - 18/5/24(木) 12:53 -
まずは、紙媒体でPDFになっているファイルをJPGかBMPに変換してJWに貼ります。
縮尺を貼ったファイルの縮尺にして、通り心に合わせて線を引きます。
紙に書いた線なので厚みが出ますが、真ん中へんを狙って線を引きます。
引いた線の間(スパン)を間隔取得コマンドで計測します。
数値をメモか暗記しておいて、移動コマンド→全選択で確定、
倍率に先ほどの実測値/スパン寸法、もしくはこの逆数、でOK
再度、間隔取得してみると、だいたい合ってます。

あくまで、だいたいでピッタリにはなりませんが、これしか方法はないと思います。
元図をコピー機にかけた時点で既に歪んでいますので、なぞる以上精度は出ません。 書いてある寸法に合わせて線を引っ張るのがセイゼイです。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:60.0) Gecko/20100101 Firefox/60.0@189.105.183.58.megaegg.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:縮尺について
 おさむパパ E-MAIL  - 18/5/25(金) 7:33 -
ありがとうございます。質問なのですが、倍率に先ほどの実測値/スパン寸法、もしくはこの逆数、でOK

の部分がよくわからないのでもう少し詳しく教えて頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。

▼外注図面屋さん:
>まずは、紙媒体でPDFになっているファイルをJPGかBMPに変換してJWに貼ります。
>縮尺を貼ったファイルの縮尺にして、通り心に合わせて線を引きます。
>紙に書いた線なので厚みが出ますが、真ん中へんを狙って線を引きます。
>引いた線の間(スパン)を間隔取得コマンドで計測します。
>数値をメモか暗記しておいて、移動コマンド→全選択で確定、
>倍率に先ほどの実測値/スパン寸法、もしくはこの逆数、でOK
>再度、間隔取得してみると、だいたい合ってます。
>
>あくまで、だいたいでピッタリにはなりませんが、これしか方法はないと思います。
>元図をコピー機にかけた時点で既に歪んでいますので、なぞる以上精度は出ません。 書いてある寸法に合わせて線を引っ張るのがセイゼイです。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.1.1; 605SH Build/S0100) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.125 Mobi...@om126212146144.14.openmobile.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:縮尺について
 外注図面屋  - 18/5/25(金) 7:54 -
/ の意味は÷です。
計測値とスパン寸法が違うので倍率合わせをしているのです。
スパン寸法が1で計測値が2なら、1/2(0.5) の倍率で合いますし、
その逆なら2/1(2)の倍率で合います。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:60.0) Gecko/20100101 Firefox/60.0@189.105.183.58.megaegg.ne.jp>
・ツリー全体表示

45 / 356 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 530427
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka