Jw_cad 相談室−その2 New

 Jw_cad についての相談の場としてお使いください
情報の交換には Jw_cad 情報交換室 をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
50 / 412 ツリー    ←次へ | 前へ→

JWWデータフォーマットについて BOB 17/7/17(月) 2:10

Rubyでの参考例 kojima 17/7/18(火) 22:50
Re:Rubyでの参考例 いっち 17/8/2(水) 11:27
Re:Rubyでの参考例 BOB 17/8/3(木) 13:42
Re:Rubyでの参考例 kojima 17/8/3(木) 19:17
Re:Rubyでの参考例 BOB 17/8/10(木) 22:25
Re:Rubyでの参考例 kojima 17/8/11(金) 14:13

Rubyでの参考例
 kojima  - 17/7/18(火) 22:50 -
▼BOBさん:
>画像処理で線分認識し、得た線分情報をCADファイル化したい
>http://www.jwcad.net/jwdatafmt.txt
>縦線1本描いたCADデータを上記と参照するも、雑な説明でとても解りにくい

そのCADデータ上で、以下の外部変形を実行してみてください。
バッチファイルにRubyスクリプトを記述するタイプ。
Rubyのインストールが必要
https://rubyinstaller.org/downloads/

そのCADデータのヘッダー情報をまるまるコピーして、中央に図寸100mm
の正方形が描画されたJWWファイル(temp.jww)を作成して開きます。

以下の文をコピペして適当な名前をつけて保存してください。(拡張子.bat)


@REM 四角形を描画したJWWファイルの作成
@echo off
REM #jww
REM #cd
REM #hf
REM #e
copy jwc_temp.txt temp.txt > nul
ruby -x %~f0 temp.txt
pause
goto end
#!ruby -Ks
path=Dir.pwd
while ARGF.gets
if $_ =~ /^file=/
file=$'.chomp
end
end
if file==""
open("jwc_temp.txt","w"){|f|f.puts "h#ファイルが保存されていません"}
exit
else
open("jwc_temp.txt","w"){|f|f.puts "h#"}
end

i=0
data=""
open(file,"rb"){|f|data=f.read}
i += 8
#◎図面のバージョン
b_n=data[i,4].unpack("L")[0];
i += 4
memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
i += 1+memo_byte
i += 8
0.upto(15){|i1|
i += 20
0.upto(15){|i2|i += 8}
}
i += 14*4#ダミー
i += 100
0.upto(15){|i1|
0.upto(15){|i2|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
}
0.upto(15){|i1|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
i += 96
if b_n.to_f >=3.0
1.upto(8){|i1|i += 28}
else
1.upto(4){|i1|i += 24}
end
if b_n.to_f >=3.0
i += 44#ダミー
if b_n.to_f <4.04
i += 12#ダミー
else
i += 12
end
end
0.upto(9){|i1|i += 8}
i += 8
0.upto(9){|i1|i += 8}
0.upto(9){|i1|i += 16}
2.upto(9){|i1|i += 16}
1.upto(5){|i1|i += 20}
6.upto(9){|i1|i += 16}
i += 144
0.upto(256){|i1|i += 8}
0.upto(256){|i1|
lcn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
lcn=data[i+1,lcn_byte]
i += 1+lcn_byte
i += 16
}
0.upto(32){|i1|i += 16}
0.upto(32){|i1|
ltn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += 1+ltn_byte
i += 4
1.upto(10){|i2|i += 8}
}
1.upto(10){|i1|i += 28}
i += 100
data2=data[0,i] #dataのヘッダー情報をdata2にコピーする

n=4 #線の本数
data2<<[n].pack("S")

data2<<[255*256+255,b_n,8].pack("SSS")
data2<<"CDataSen"

pl=0 #曲線属性番号
lt=1 #線種
lc=2 #線色
lw=0 #線幅
ly=0 #レイヤ
lg=0 #レイヤグループ
z=0 #属性
#sx:線の始点X座標 sy:線の始点Y座標 ex:線の終点X座標 ey:線の終点Y座標

sx= -100;sy= -100;ex= 100;ey= -100
data2<<[pl,lt,lc,lw,ly,lg,z,sx,sy,ex,ey].pack("LCSSSSSdddd")

data2<<[128*256+1].pack("S")
sx= 100;sy= -100;ex= 100;ey= 100
data2<<[pl,lt,lc,lw,ly,lg,z,sx,sy,ex,ey].pack("LCSSSSSdddd")

data2<<[128*256+1].pack("S")
sx= 100;sy= 100;ex= -100;ey= 100
data2<<[pl,lt,lc,lw,ly,lg,z,sx,sy,ex,ey].pack("LCSSSSSdddd")

data2<<[128*256+1].pack("S")
sx= -100;sy= 100;ex= -100;ey= -100
data2<<[pl,lt,lc,lw,ly,lg,z,sx,sy,ex,ey].pack("LCSSSSSdddd")

bl_n=0 #ブロック定義数
gz_n=0 #画像同梱数
data2<<[bl_n,gz_n].pack("SL")
open("#{path}/temp.jww","wb"){|f|f.write data2} #temp.jwwの作成

system("c:/jww/jw_win #{path}/temp.jww") #temp.jwwを開く

__END__
:end

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@ai126162086134.56.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:Rubyでの参考例
 いっち  - 17/8/2(水) 11:27 -
▼kojimaさん:
Rubyでの参考例ありがとうございます。
せめて、メモ位は取得出来るようになりたいと思い、参考例を拝見させて頂きました。

(私の理解が間違えていなければ)メモを取得する時は、
> memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
の部分がポイントのように思いました。

memo_byte を取得すると、AutoItでもメモを簡単に取得する事が出来ました。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.115 Safari/537.36@KD113151236026.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:Rubyでの参考例
 BOB  - 17/8/3(木) 13:42 -
返信ありがとうございます。

>ヘッダー情報をまるまるコピーして
各要素のサイズも書かれていないのでHeaderサイズも解らないため
どこまでがHeaderか解りません。

紹介いただいたことをすると何が判明するのでしょうか?
JW_CADを使わず、JW_CADファイルを生成したいことが
最終目的です。

画像をALT+Print Screenでクリップ
    VV
画像処理ソフトでペースト/線分化
    VV
JWWファイル化(JW_CADで編集可能)
    VV
NCVCでGコード化

よろしくお願いいたします。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; rv:54.0) Gecko/20100101 Firefox/54.0@KD111239061205.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:Rubyでの参考例
 kojima  - 17/8/3(木) 19:17 -
▼BOBさん:
>返信ありがとうございます。
>
>>ヘッダー情報をまるまるコピーして
>各要素のサイズも書かれていないのでHeaderサイズも解らないため
>どこまでがHeaderか解りません。

JWWのヘッダー情報は可変長です。
(メモ文・レイヤ名・グループ名・SXF線種が含まれている為)


>JW_CADを使わず、JW_CADファイルを生成したいことが
>最終目的です。
>
>画像をALT+Print Screenでクリップ
>    VV
>画像処理ソフトでペースト/線分化
>    VV
>JWWファイル化(JW_CADで編集可能)
>    VV

前準備
1、サンプルのJWWファイル(samp.jww)を作成しておいてください。
2、画像→線データ から、JWWの座標ファイル(samp.txt)を作成してください。

以下が、samp.jwwのヘッダー情報をコピーして、samp.txtの線データを作図したJWWファイル(temp.jww)を作成するRubyスクリプト文です。
(ファイル名は、jww_creat.rb とでも付けて、samp.jwwとsamp.txtのあるフォルダに保存してください


#!ruby -Ks
path=Dir.pwd
i=0
data=""
begin
open("samp.jww","rb"){|f|data=f.read}
rescue
STDRR.puts("samp.jwwが作成されていません")
exit
end
i += 8
#◎図面のバージョン
b_n=data[i,4].unpack("L")[0];
i += 4
memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
i += 1+memo_byte
i += 8
0.upto(15){|i1|
i += 20
0.upto(15){|i2|i += 8}
}
i += 14*4#ダミー
i += 100
0.upto(15){|i1|
0.upto(15){|i2|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
}
0.upto(15){|i1|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
i += 96
if b_n.to_f >=3.0
1.upto(8){|i1|i += 28}
else
1.upto(4){|i1|i += 24}
end
if b_n.to_f >=3.0
i += 44#ダミー
if b_n.to_f <4.04
i += 12#ダミー
else
i += 12
end
end
0.upto(9){|i1|i += 8}
i += 8
0.upto(9){|i1|i += 8}
0.upto(9){|i1|i += 16}
2.upto(9){|i1|i += 16}
1.upto(5){|i1|i += 20}
6.upto(9){|i1|i += 16}
i += 144
0.upto(256){|i1|i += 8}
0.upto(256){|i1|
lcn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
lcn=data[i+1,lcn_byte]
i += 1+lcn_byte
i += 16
}
0.upto(32){|i1|i += 16}
0.upto(32){|i1|
ltn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += 1+ltn_byte
i += 4
1.upto(10){|i2|i += 8}
}
1.upto(10){|i1|i += 28}
i += 100
data2=data[0,i] #dataのヘッダー情報をdata2にコピーする
n=0
begin
open("samp.txt","r"){|f|
while f.gets
xy=$_.split
if xy[0]=~/^\d|^-/
n += 1
end
end
}
rescue
STDRR.puts("samp.jwwが作成されていません")
exit
end
if n<(255*256+255)
data2<<[n].pack("S")
else
data2<<[255*256+255,n].pack("SL")
end
pl=0 #曲線属性番号
lt=1 #線種
lc=2 #線色
lw=0 #線幅
ly=0 #レイヤ
lg=0 #レイヤグループ
z=0 #属性
#sx:線の始点X座標 sy:線の始点Y座標 ex:線の終点X座標 ey:線の終点Y座標
i2=0
open("samp.txt","r"){|f|
while f.gets
xy=$_.split
if xy[0]=~/^\d|^-/
i2 += 1
if i2==1
data2<<[255*256+255,b_n,8].pack("SSS")
data2<<"CDataSen"
else
data2<<[128*256+1].pack("S")
end
sx,sy,ex,ey=xy
data2<<[pl,lt,lc,lw,ly,lg,z,sx,sy,ex,ey].pack("LCSSSSSdddd")
end
end
}
bl_n=0 #ブロック定義数
gz_n=0 #画像同梱数
data2<<[bl_n,gz_n].pack("SL")
open("#{path}/temp.jww","wb"){|f|f.write data2} #temp.jwwの作成
system("start c:/jww/jw_win #{path}/temp.jww") #temp.jwwを開く

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@ai126246062042.62.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:Rubyでの参考例
 BOB  - 17/8/10(木) 22:25 -
▼kojimaさん:
ありがとうございます。

ソースを解析してWindowsソフト化して行きたいと思います。

また、CADファイルを読込み、切削データ(Gコード)にする目的です。
出回っている変換ソフトもありますが、生成データが、無料バージョンの
MACH3で扱えないサイズまで大きくなるので、サブルーチンを活用して
小さなGコードを生成したいのです。
それには、CADファイルを読込み、座標データ化するため、CADファイル
の構造を知りたいのです。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; rv:54.0) Gecko/20100101 Firefox/54.0@KD111239060057.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:Rubyでの参考例
 kojima  - 17/8/11(金) 14:13 -
▼BOBさん:
>それには、CADファイルを読込み、座標データ化するため、CADファイル
>の構造を知りたいのです。

図面名:temp.jww 内の線データを座標ファイル(temp.txt)に書き出すRubyスクリプト文です。


#図面内の線データを座標ファイルに書き出し
#!ruby -Ks
file="temp.jww" #図面名:temp.jww
$stdout=open("temp.txt","w") #座標ファイル名:temp.txt
#データの書き出し
def data_write(data,i,data_moji)
if data_moji=="CDataSen"
ln_write(data,i,data_moji)
end
end
#data_mojiとdata_noをarray2(二重配列)に収集する。
def data_no_collect(data,i,array2,data_moji,no,hash,j)
data_no=no+j
array2<<[data_moji,data_no]
i=data_next(data,i,data_moji,hash)
return i
end
#data_mojiのバイト数の分だけiを次へ進める。
def data_next(data,i,data_moji,hash)
if data_moji=="CDataMoji"
f_i=data[i+83,1].unpack("C")[0]
m_i=data[i+84+f_i,1].unpack("C")[0]
if m_i==255
m_i=data[i+85+f_i,2].unpack("S")[0]
m_byte=83+f_i+m_i+4
else
m_byte=83+f_i+m_i+2
end
hash[data_moji]=m_byte
i += hash[data_moji]
elsif data_moji=="CDataSunpou"
f_i=data[i+145,1].unpack("C")[0]
m_i=data[i+146+f_i,1].unpack("C")[0]
m_byte=147+f_i+m_i+236
hash[data_moji]=m_byte
i += hash[data_moji]
elsif data_moji=="CDataSolid"
if data[i+5,1].unpack("C")[0] == 10
i += hash[data_moji]+4
else
i += hash[data_moji]
end
elsif data_moji=="CDataTen"
if data[i+4,1].unpack("C")[0] == 100
i += hash[data_moji]+20
else
i += hash[data_moji]
end
else
i += hash[data_moji]
end
return i
end
#線データの書き出し
def ln_write(data,i,data_moji)
pl,lt,lc,lw,ly,lg,z=data[i,15].unpack("LCSSSSS")
x1,y1,x2,y2=data[i+15,8*4].unpack("dddd")
zusun=$scal_a[lg]
printf(" %.11f %.11f %.11f %.11f\n",x1*zusun,y1*zusun,x2*zusun,y2*zusun)
end
path=Dir.pwd
i=0
data=""
open(file,"rb"){|f|data=f.read}
i += 8
#◎図面のバージョン
b_n=data[i,4].unpack("L")[0];
i += 4
memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
i += 1+memo_byte
i += 8
$scal_a=[]
0.upto(15){|i1|
i += 8
$scal_a<<data[i,8].unpack("d")[0]#レイヤグループの縮尺
i+= 12
0.upto(15){|i2|i += 8}
}
i += 14*4#ダミー
i += 100
0.upto(15){|i1|
0.upto(15){|i2|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
}
0.upto(15){|i1|
byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += byte+1
}
i += 96
if b_n.to_f >=3.0
1.upto(8){|i1|i += 28}
else
1.upto(4){|i1|i += 24}
end
if b_n.to_f >=3.0
i += 44#ダミー
if b_n.to_f <4.04
i += 12#ダミー
else
i += 12
end
end
0.upto(9){|i1|i += 8}
i += 8
0.upto(9){|i1|i += 8}
0.upto(9){|i1|i += 16}
2.upto(9){|i1|i += 16}
1.upto(5){|i1|i += 20}
6.upto(9){|i1|i += 16}
i += 144
0.upto(256){|i1|i += 8}
0.upto(256){|i1|
lcn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
lcn=data[i+1,lcn_byte]
i += 1+lcn_byte
i += 16
}
0.upto(32){|i1|i += 16}
0.upto(32){|i1|
ltn_byte=data[i,1].unpack("C")[0]
i += 1+ltn_byte
i += 4
1.upto(10){|i2|i += 8}
}
1.upto(10){|i1|i += 28}
i += 100

#◎図形(線・円・点・文字・ソリッド・寸法図形・ブロック図形)の総数
int1=data[i,1].unpack("C")[0];int2=data[i+1,1].unpack("C")[0]
if int1==255 && int2==255
i += 2
n2=data[i,4].unpack("L")[0]
i += 4
else
n2=data[i,2].unpack("S")[0]
i += 2
end
puts "図形の総数:#{n2}"
#◎図形(線・円・点・文字・ソリッド・寸法図形・ブロック図形)のデータNOの検出
hash={"CDataSen"=>47,"CDataTen"=>35,"CDataEnko"=>75,"CDataSolid"=>79,"CDataBlock"=>59}
data_moji="";array2=[];no=0;j=0
while no<n2
no += 1
int=data[i,2].unpack("S")[0]
if int==255*256+255
i += 4
n=data[i,2].unpack("S")[0]
i += 2
data_moji=data[i,n]
i += n
data_write(data,i,data_moji)
i=data_no_collect(data,i,array2,data_moji,no,hash,j)
j += 1
elsif int==127*256+255
i += 2
n=data[i,4].unpack("L")[0]-(128*256*256*256)
i += 4
array2.each{|item|
if item[1] == n
data_moji=item[0]
break
end
}
data_write(data,i,data_moji)
i=data_next(data,i,data_moji,hash)
else
n=data[i,2].unpack("S")[0]-(128*256)
i += 2
array2.each{|item|
if item[1] == n
data_moji=item[0]
break
end
}
data_write(data,i,data_moji)
i=data_next(data,i,data_moji,hash)
end
end
$stdout.close
system("notepad temp.txt")

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko@ai126197042032.18.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

50 / 412 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 434024
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka