Jw_cad 情報交換室−その3New

 JWW についての情報交換の場としてお使いください
初心者の方などのご相談は Jw_cad 相談 室−その2をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
8 / 332 ツリー    ←次へ | 前へ→

外変、"線色・線幅一覧表示"について Since Dos 20/8/27(木) 15:42

外変、"線色・線幅一覧表示"について感謝で... 呑兵衛 20/8/29(土) 6:52

外変、"線色・線幅一覧表示"につ...
 呑兵衛  - 20/8/29(土) 6:52 -
▼Since Dosさん:
 いつもお世話になります。早速の詳細なレスありがとうございました。最近P21ファイルの仕様が増え、SXF線種での線種設定が増えています。私は昔ながらのオーソドックスな標準線種が好きなので、混合して使用するようになりました。参照した線種設定を変えるのも面倒なので混在して使用しました。1/100mm対応で線幅を変えると混在して使用できました。一覧で見られると大変ありがたいです。早速練習してみます。
>▼呑兵衛さん:
>
>作図した図面で使用されている線色(線幅)の一覧を知る方法についての過去ログは下記のとおりです。
>
> http://www.jwcad.net/bbs2/brd/004/past/tree_769.htm
>
>私の質問に対して kojimaさんから教えていただいたものです。
>R.Nさんのアドバイスを参考にして一部書きかえて使っています。
>
>これにより、受領図面などの使用線色と線幅が一目瞭然でとても便利に使っています。
>特に1/100設定での個別線幅の設定太さがわかるのでとても便利です。
>
>今回のJWW8.12バージョンアップにより、
>線幅が基本幅指定の場合、「lw0」となっていたものが「lw17」(例)と表示されるようになり、とてもわかりやすくなりました。
>
>私が使っているbatファイルは下記のとおりです。
>常に使うので、C:\JWWに入れて、Ruby 環境で使用しています。
>
>線色・線幅一覧.bat
>-----------------------------------------------------------------
>@REM 線色・線種・線幅の一覧
>@echo off
>REM #jww
>REM #cd
>REM #zw
>REM #ht10
>REM #ht40
>REM #bz
>REM #h1
>REM #g1
>REM #c記入文字種 無指定:3/_/a
>REM #1記入点を指示してください
>REM #e
>copy jwc_temp.txt temp.txt > nul
>ruby -x %~f0 temp.txt %1> jwc_temp.txt
>goto end
>#!ruby -Ks
>cn=3
>while ARGV.size>1
>case argument=ARGV.pop
>when /\/a/
>cn=argument[2..-1].to_i
>end
>end
>puts "bz"
>array=[];hch=[]
>while ARGF.gets
>xy=$_.split
>if xy[0]=~/^hp1/
>hpx,hpy=xy[1].to_f,xy[2].to_f
>end
>if xy[0]=~/^hch/
>xy.each{|item|hch<<item.to_f}
>moji_h=hch[cn]
>end
>if xy[0]=~/^lc/
>lc=xy[0][2..-1].to_i
>end
>if xy[0]=~/^lt/
>lt=xy[0][2..-1].to_i
>end
>if xy[0]=~/^lw/
>lw=xy[0][2..-1].to_i
>end
>if xy[0]=~/^\d|^-|^ci/
>array<<[lc,lt,lw] unless array.include?([lc,lt,lw])
>end
>end
>array.sort!{|a,b|
>if a[0]==b[0]
>if a[1]==[1]
>a[2]<=>b[2]
>else
>a[1]<=>b[1]
>end
>else
>a[0]<=>b[0]
>end
>}
>puts "cn#{cn}","cc3"
>l=15;l2=l+3;gyo=moji_h+2
>y=hpy
>array.each{|lc,lt,lw|
>puts "lc#{lc}","lt#{lt}","lw#{lw}"
>printf(" %.11f %.11f %.11f %.11f\n",hpx,y,hpx+l,y)
>lc>100 ? lc=sprintf("lcsxf%d",lc-100) : lc=sprintf("lc%d",lc)
>lt>30 ? lt=sprintf("ltsxf%d",lt-30) : lt=sprintf("lt%d",lt)
>printf("ch %.11f %.11f 1 0 \"%s %s lw%d\n",hpx+l2,y,lc,lt,lw)
>y -= gyo
>}
>__END__
>:
>-----------------------------------------------------------------
>
>改めて kojimaさん、R.Nさんありがとうございました。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/85.0.4183.83 Safari/537.36 Edg...@janis220254168208.janis.or.jp>
・ツリー全体表示

8 / 332 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 1112504
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka