Jw_cad 情報交換室−その3New

 JWW についての情報交換の場としてお使いください
初心者の方などのご相談は Jw_cad 相談 室−その2をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
50 / 336 ツリー    ←次へ | 前へ→

ハッチ属性にない斜線の選択 noboru 18/12/11(火) 10:47

Re:ハッチ属性にない斜線の選択 R.N 18/12/12(水) 0:01
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 noboru 18/12/12(水) 9:25
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 Fu〜 18/12/12(水) 12:48
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 柳 絮 18/12/12(水) 19:46
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 R.N 18/12/13(木) 13:53
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 noboru 18/12/13(木) 15:54
Re:ハッチ属性にない斜線の選択 kojima 18/12/15(土) 21:06

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 R.N  - 18/12/12(水) 0:01 -
▼noboruさん:
>DWGからjwwへファイル変換した際、ハッチの斜線が
>ハッチ属性になっておらず、ただの線になっています。
>
>ハッチ部分の斜線のみ選択し消去したいのですが、
>1本ずつ消していくしかないでしょうか。
>
>ハッチとハッチを囲んでいる線は同レイヤになっています。

外れかもですが、
ハッチ線を「属性取得」してみて下さい。
他の線と違って、
[ユーザー定義線色]とかになっているかもしれません?

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:63.0) Gecko/20100101 Firefox/63.0@pl8559.ag2323.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 noboru  - 18/12/12(水) 9:25 -
▼R.Nさん:
>▼noboruさん:
>>DWGからjwwへファイル変換した際、ハッチの斜線が
>>ハッチ属性になっておらず、ただの線になっています。
>>
>>ハッチ部分の斜線のみ選択し消去したいのですが、
>>1本ずつ消していくしかないでしょうか。
>>
>>ハッチとハッチを囲んでいる線は同レイヤになっています。
>
>外れかもですが、
>ハッチ線を「属性取得」してみて下さい。
>他の線と違って、
>[ユーザー定義線色]とかになっているかもしれません?


ユーザー定義線色となっていましたが、同じ色、線種で壁等も
作図されていました。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:63.0) Gecko/20100101 Firefox/63.0@p405067-ipbf305akita.akita.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 Fu〜 WEB  - 18/12/12(水) 12:48 -
▼noboruさん:

>ユーザー定義線色となっていましたが、同じ色、線種で壁等も
>作図されていました。


属性選択がうまく使えない状況なら

メッセージバーにあるように、交差選択や連続線選択を使えば、いくらか楽になるとは思います

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.77 Safari/537.36 Kin...@KD111239173105.au-net.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 柳 絮  - 18/12/12(水) 19:46 -
▼noboruさん:

>ハッチ部分の斜線のみ選択し消去したいのですが、

どの様な状況なのかは分かりかねますが、
「範囲」→囲んでいる線を右クリック
これで囲んでいる線を選択が出来ませんか?
繋がっている線は全て選択をされるはず(?)ですので、
仮にレイヤを移動して不要なハッチを一括で消すのは如何でしょうか?


>1本ずつ消していくしかないでしょうか。

全て範囲選択をしなくても、線の一部だけダブルクリックをすれば
消してしまいたい線をたくさん選択が出来ませんでしょうか?

上手くいくと良いですね

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko@p152210-ipngn2301yosida.nagano.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 R.N  - 18/12/13(木) 13:53 -
▼noboruさん:

>ユーザー定義線色となっていましたが、同じ色、線種で壁等も
>作図されていました。

元図のDWGファイルを「AutoCad」または「DraftSight」などで開いて、線色の状態・ブロックの有無などを確認してみては?
熟練者が描いた図面ならば、編集を考慮して、ハッチ線の色を替えるとか、ブロック化したりするように思いますが

元図DWGとjww変換データを比較してみて、違う ということであれば、コンバータソフトの問題、または、変換設定の問題も考えられます。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:63.0) Gecko/20100101 Firefox/63.0@pl8559.ag2323.nttpc.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 noboru  - 18/12/13(木) 15:54 -
▼R.Nさん:
>▼noboruさん:
>
>>ユーザー定義線色となっていましたが、同じ色、線種で壁等も
>>作図されていました。
>
>元図のDWGファイルを「AutoCad」または「DraftSight」などで開いて、線色の状態・ブロックの有無などを確認してみては?
>熟練者が描いた図面ならば、編集を考慮して、ハッチ線の色を替えるとか、ブロック化したりするように思いますが
>
>元図DWGとjww変換データを比較してみて、違う ということであれば、コンバータソフトの問題、または、変換設定の問題も考えられます。

皆様、いろいろとアドバイス有難う御座います。
Draftsightで確認したところ、こちらではハッチングブロックとなっていました。
先にAutoCAD上で消去してから変換が一番早いかもしれませんね。


ついでにもうひとつ質問ですが、補助線色の線分や文字を印刷する設定は
可能でしょうか。

用途としては補助線色でメモコメントや詳細を描き、それらを現場提出時には
非表示(現場サイドには見られたくない)、下請け・工場用に印刷するとき
には表示して印刷したいです。

表示する場合はJWtoPDFを用いてPDF化してから印刷するので、jww内もしくは
JWtoPDF内の設定で使い分けできれば幸いです。

使い分ける文字や線分を特定のレイヤに入れ、表示/非表示で使い分けようかと
思いましたが、JWtoPDFでは一括設定ができず1ファイル毎に設定しなければ
ならないようで簡単な方法があれば知りたいです。


よろしくお願いします。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:63.0) Gecko/20100101 Firefox/63.0@p405067-ipbf305akita.akita.ocn.ne.jp>
・ツリー全体表示

Re:ハッチ属性にない斜線の選択
 kojima  - 18/12/15(土) 21:06 -
▼noboruさん:
>ついでにもうひとつ質問ですが、補助線色の線分や文字を印刷する設定は
>可能でしょうか。

不可能です。

>使い分ける文字や線分を特定のレイヤに入れ、表示/非表示で使い分けようかと
>思いましたが、JWtoPDFでは一括設定ができず1ファイル毎に設定しなければ
>ならないようで簡単な方法があれば知りたいです。

バッチファイルにRubyスクリプトを記述するタイプの外部変形です。
コピペ後、行頭に半角スペースが付加されている場合は削除してください。
外部変形を実行してる図面のレイヤ状態と同じフォルダ内のJWW図面のレイヤ状態を同一にします。

以下をコピペ

@REM 同じフォルダ内の図面のレイヤ状態を同一にする
@echo off
REM #jww
REM #cd
REM #hf
REM #h0
REM #e
copy jwc_temp.txt temp.txt>nul
ruby -x %~f0 temp.txt
echo h#>jwc_temp.txt
pause
goto end
#!ruby -Ks
printf("上書保存されていないレイヤ状態は反映されません\n")
printf("上書保存済みですか? どちらかの数値を入力してください YES:1 NO:2\n")
test=STDIN.gets.chomp.to_i
if test != 1
printf("上書保存してから再実行してください\n")
exit
end
while ARGF.gets
xy=$_.split
if xy[0]=~/^file=/
file=$'
end
end
path,fname=File.split(file)
lg_a=[];lgly_a=[]
data=""
open(file,"rb"){|f|data=f.read}
i=0;i += 8
b_n=data[i,4].unpack("L")[0];i += 4
if b_n<420
puts "バージョンNO#{b_n}には未対応です。処理を中止します"
exit
end
#メモ欄の記載文
memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
i += 1+memo_byte
i += 4#図面サイズ
#レイヤグループ・レイヤ状態
k_lg=data[i,4].unpack("L")[0];i += 4
0.upto(15){|i1|
array=data[i,20].unpack("LLdL")
lg_a<<array
i += 20
array2=[]
0.upto(15){|i2|
array2<<data[i,8].unpack("LL")
i += 8
}
lgly_a<<array2
}
file_a=Dir.entries(path).select{|item|item=~(/\.jww$/i)}
file_a.delete(fname)
open("select.txt","w"){|f|
f.puts "○#{path}のJWW図面の一覧です"
f.puts "○レイヤ状態変更を行わない図面名は消去してください"
file_a.each{|item|f.puts item}
}
system("notepad select.txt")
file_a=[]
open("select.txt","r"){|f|
while f.gets
line=$_.chomp
file_a<<line if line=~/\.jww$/i
end
}
file_a.each{|file|
i=0
data=""
open(path+"\\"+file,"rb"){|f|data=f.read}
#◎jwwデータの宣言
i += 8
#◎図面のバージョン
b_n=data[i,4].unpack("L")[0];
if b_n<420
puts "バージョンNO#{b_n}には未対応です。処理を中止します"
next
end
i += 4
#◎メモ欄の記載文
memo_byte=data[i,1].unpack("C")[0];
i += 1+memo_byte
#◎図面サイズ
i += 4
#◎レイヤグループ・レイヤ状態
data[i,4]=[k_lg].pack("L")
i += 4
lg_zh=0;prot=0
0.upto(15){|i1|
lg_zh,k_ly,zusun,prot=data[i,20].unpack("LLdL")
lg_zh=lg_a[i1][0];k_ly=lg_a[i1][1];prot=lg_a[i1][3]
data[i,20]=[lg_zh,k_ly,zusun,prot].pack("LLdL")
i += 20
0.upto(15){|i2|
array=lgly_a[i1][i2]
data[i,8]=array.pack("LL")
i += 8
}
}
bak_file=path+"\\"+file.sub(/\.jww$/i,".bak")
system("copy #{path}\\#{file} #{bak_file} > nul")
open(path+"\\"+file,"wb"){|f|f.write data}
printf("#{bak_file}を作成しました\n")
printf("#{path}\\#{file}を処理しました\n")
}
__END__
:end

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko@ai126165059128.73.access-internet.ne.jp>
・ツリー全体表示

50 / 336 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 938911
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka