Jw_cad 情報交換室−その3New

 JWW についての情報交換の場としてお使いください
初心者の方などのご相談は Jw_cad 相談 室−その2をご利用ください
なお、情報交換室と相談室の両方に同じ内容を投稿するのはご遠慮ください

2009年9月以前の発言過去ログのページからご覧ください。

それ以降の過去ログは消失しています。
申し訳ありませんが、復活の予定はありません。


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
6 / 299 ツリー    ←次へ | 前へ→

Snap-Kinさんのサイトが復活 マチャプチャレ 17/6/21(水) 22:36

Re:Snap-Kinさんのサイトが復活 いっち 17/11/30(木) 8:10

Re:Snap-Kinさんのサイトが復活
 いっち  - 17/11/30(木) 8:10 -
私は、Windows xp を使っていた頃、約1ヶ月ほど、G_PLUSを試用させて頂いた事があるのですが、G_PLUSの試用を止めた後も、c:\Windows にSNAPKIN.INI を残して置きさえすれば、「MOJIWAKU.LZH」などの「設定を保存するタイプの外変」で、保存が出来たのを覚えています。

しかし、現在のWindowsで、c:\Windows に INIファイルを保存するなどありえない事ですので、どのようになるのだろうと、ずっと疑問に持っていました。
たまたま時間が取れたので、調べてみました。

結果は、下記でした。

SNAPKIN.INI を
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Windows\ に入れると、
つまり、
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Windows\SNAPKIN.INI
を作ると、「MOJIWAKU.LZH」などの設定を保存するタイプの外変で、保存が出来るようになりました。

SNAPKIN.INI は、本来はG_PLUSがつくるファイルですが、「何も書かれていない空のファイル」に、SNAPKIN.INI と名前を付けて保存したものを入れても、「外変の設定の保存」は正常動作しました。

尚、Tablacus Explorer などのファイラーを用いると、
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\VirtualStore\Windows\
のフォルダーは、直ぐに見つかります。

Windows7 64ビット、Windows10 64ビットにて確認しました。

---------------------------------------
G_PLUSの仕様についても調べてみました。

1.G_PLUSは、バッチファイルの頭に下記を付け足します。

@echo off
copy jwc_temp.txt g_temp.txt >nul
copy g_temp.txt "C:\外変を入れたフォルダー\jwc_temp.txt" >nul
C:
cd "C:\外変を入れたフォルダー"
rem modified by G+

2.G_PLUSは、バッチファイルの最後に下記を付け足します。

rem modified by G+
copy jwc_temp.txt "C:\jww\g_temp.txt" >nul
C:
cd "C:\jww"
copy g_temp.txt jwc_temp.txt > nul
echo finished > g_plus.tmp

この仕様の為、G_PLUSでは、動かない外変もあります。

> これらの外変プログラムは2001年で開発が中止されたままです。
(中略)
> 古いという理由で葬ることよりも、ソフトの書庫として、
> ここに保管させていただきます。 _(. .)_

とのことですので、まあ、仕方がないかなとは思います。

引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36@KD113151236026.ppp-bb.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

6 / 299 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 743244
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
Jw_cad Copyright (C)1997-2016 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka